[ダイワ]スティーズクロー3.8インチインプレ重さとフックサイズ

スポンサーリンク
ソフトルアー関連

ダイワのクローワーム、スティーズクロー3.8インチのインプレ記事です。ダイワのワームにしては柔らかくてよく動きます。胴体部分は動かないですが、カーリーテール部分はかなりウネウネ動きます。

私は主にテキサスリグのボトムバンピングで使用していますが、フリーリグでも結構いいうごきをすると思います。シンカーを使って引っ張らないと動かないので、フリーリグより直リグ、テキサスリグのほうがいいかと思います。

3.8インチなのである程度大きさを選んで釣りをすることができます。アベレージサイズが小さな場所だと3.1インチを選んでおくといいかと思います。

スポンサーリンク

スティーズクロー3.8インチインプレ

上記でも書きましたがテキサスリグ、直リグで私は使用しています。足元で動かしても動きの良さがわかります。ダイワのワームにしては素材が柔らかく針持ちはダイワワームの中で一番悪いと思います。それでも他のメーカーに比べればいいほうかなと思います。

テキサスリグ、直リグともに5~9グラムのシンカーを使います。動きとかフォールスピードではなく単に狙いたい場所が遠ければ9グラム、近ければ5グラムといった感じです。なので何も考えてない場合は7グラムをメインに使っています。タックルがMHを多用するので基本少し重めでやったほうが投げやすいのもあります。

スティーズクロー3.8のスペックとフックサイズ

サイズは3.1、3.8、4.1インチがあります。

全長:3.1、3.8、4.1

入り数:3.1(8個)3.8(6個)4.1(5個)

価格:660円

スティーズクロー3.8インチのフックサイズは2/0~3/0のオフセットフックです。私は大きいサイズを使いますので3/0フックを使用します。

この腕はとカーリーテールがかなり動きます。

スティーズクロー3.8インチの重さ

スティーズクロー3.8インチの重さは5.6グラムこのサイズでは軽いほうかな。シンカーを入れると10グラムくらいの重さになります。

タックルとライン

私はテキサスリグとフリーリグはMHタックルでやります。MHを持って行っていない場合はM+タックルでやる場合もありますがほぼMHタックルしか使いません。

私はコスパと性能の間をとって、ダイワのモンスターブレイブZとサンヨーナイロンのGTRの14ポンドをメインに使っています。この太さなら汎用性も高く、何にでも使えてさらにコスパも良いです。

14ポンドは価格が比較的安めにしていることが多いです。細いフックくらいなら伸ばして回収できることも利点の一つです。ハードルアーのロストは精神的ダメージが多少ありますから。モンスターブレイブZには13ポンドの設定もあります。

カバーの濃い場所で使う場合はウルトラ、それ以外はNスペックを使います。モンスターブレイブZは遠賀川とかいくときに使います。遠投が必要ないときとかです。

まとめ

今回はスティーズクロー3.8インチのレビュー記事を書きました。私はテキサスリグ、直リグでボトムバンピングで使用しています。夏にカバー打ちなどに使っていますが、今年は減水した場所が多くあまり出番はありませんでした。

最近の大雨と台風で、私が通っている場所も通常の水位に戻ってきたので出番がでてきそうです。ダイワのワームで唯一メインで持ち歩くワームです。最近はスターリングツインも結構な釣果がでているのでダイワのメインワームの2号になりそうです。

スターリングツインはダウンサイズはでるようなのでそっちほうが私の地域で使い勝手よさそうです。

おわり。

マナーアップアイテム↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました