冬のバス釣り。バスプロ編[水野浩聡][ジャッカル]

スポンサーリンク
釣り日記

今回はジャッカルのバスプロ水野浩聡プロの動画を参考に冬のバス釣りを勉強していきたいと思います。

今までもバスプロの冬のバス釣りについての記事を連続で書いています。ボートメインのプロとオカッパリメインのプロ、自分の所属するブランドのルアーの縛りもありますがものすごく簡単にまとめると、バイブレーション、メタルバイブ、キャロライナリグ、ラバージグといったところが共通点になっています。

バイブレーションとメタルバイブはリアクションの釣り。キャロライナリグとラバージグは食わせの釣りと言った感じの2パターンを多くの方が推奨しています。ここに自信の好きなスタイルを織り交ぜて冬のバス釣りを攻略していっているようです。

キャロとバイブレーション系に加えてクランクベイトとラバージグを組み入れたり、ジャークベイト系を入れたりスピナーベイトのスローロールを入れたり様々です。

スポンサーリンク

冬のバスは2種類

ここからは水野氏の冬のバス釣りについての考え方です。冬バスには2種類いて寒さで深い場所に固まっている個体と、まだ食べる気のあるバスの2種類です。後者は比較的体力があり大きな個体が多いです。

この考えは多くのプロが語っていてそう珍しいもでもありませし、昔から言われている生体としてのバスの特徴をとらえた考え方です。考えではなく生物学的な側面です。冬に負けたバスはそのまま沈んだまま死んでしまいます。

この2種類のバスがまずどこにいるのかを探そう!というのが基本になります。

水野氏は動かないバスを越冬系バス、水温の上昇とともに動いて捕食行動をとるバスを捕食系バスとわけて考えています。

越冬系バス

まず越冬系バスは水深のある場所で水温の変化少ない場所。さらにハードボトムや堆積物がある場所。風や流れを遮ることのできる場所。日の当たる場所。に溜まると語られています。これは他の魚も似たような動きをするのでバス釣りしていると他の魚がスレ掛かりした経験がある人もいるかと思います。

補足するのであれば黒い堆積物なんかは熱を吸収するので黒っぽい場所や岩などに好んで付いてるバスもいるようです。

このタイプの魚は動かない、動けない個体なので目の前に来れば食べる程度だそうです。なのでバスが溜まっている場所を見つけることができれば釣れると語られています。

具体的にはフリーリグ、直リグで口を使いやすい小さなワームがおすすめだそうです。あとは移動距離の少ないリグを勧めています。別動画ではハニーナゲットのフリーリグ釣果を上げていました。私もハニーナゲットのフリーリグはかなりの釣果を上げています。

あとその対極の釣り、メタルバイブや小型ミノー、クランクでのリアクションバイトを狙う釣りです。狙う場所は同じバスの溜まっている場所ですがキレのあるアクションで無理やり口を使わせるような釣り方です。

ワームであれば瞬テキやヘビーネコなんかがその釣りに当たるかと思います。

瞬テキもヘビネコもアクションはほぼ同じ、タックルも同じでできるので試してみると意外と釣れるので試す価値はあります。私の経験からいうとヘビネコのほうが釣れる気がします。水深がある場所はもっと重ければ重いほうがいいですが、シンカーに価格が高くなるのでホームセンターのネジでもいいかなと思います。

捕食系バス

まずこの捕食系バスが動き出すのは水温が上がるころ、太陽がでて暖かくなったころに水温が高くなった時に動き出すと語られています。水深の浅いところ、水深の深いところが近い場所にいるようです。

越冬系バス居場所に近いところの浅い場所。これは雑誌などでも紹介されているのでバス釣りをしてる人なら把握はしていると思います。初場所でやるには厳しい釣りになります。

推奨ルアーはスイムジグ、ビックベイト、バイブレーション、クランクベイトとにかく見つけてもらうことが大事だと語られています。

こっちの釣りは有名な釣りなのであまり書くことはないですが、ひたすら巻いたり、ジャークしたりいろいろやってみるしかない釣りですね。ルアーはミノーとかクランクベイトのほうがゆっくりできて釣れる気が私にはしています。

まとめ

最後に水野さんはこう言っています、この時期に新規開拓とかはしないほうがいいと。行きなれた場所で釣れる場所、地形変化などがある程度把握できている場所で釣っていこうって感じでしょう。

バスプロの冬の釣りを12月に向けて勉強していますがある程度、被っていることはスローな釣りとリアクションの釣りをやりましょう。

魚のたまっている場所、気温が上昇しやすい場所と時間帯の把握と考えれば分かるような事ばかりですが意外と間違って釣りをしてるなと私は思いました。

もう少しプロの動画を勉強して今年から来年春にどういった釣りをするか考えていきたいと思います。

おわり。

マナーアップアイテム↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました